印鑑の購入について

印鑑通販サイトの利用した銀行印の購入についてご紹介します
未分類

安い銀行印のリスク

By on 2018年5月16日

銀行印を100円ショップなどの安い印鑑で済ませている人は意外と多いのではないでしょうか。どこでも販売している安い印鑑はとてもお得ですから使用している人が実際に多いのですが、安い反面そのリスクがあることを必ず知っておく必要があります。そして、このリスクを知った上で、ご自身の銀行印を購入するようにしましょう。

銀行印まず、安い銀行印を使用した際のリスクとして挙げられるのが、偽造です。安い銀行印は高い確率で印影などが同じように彫られていて、日本人で多い、「佐藤」や「高橋」などの名字の方は非常にリスクが高くなっているので、気を付けましょう。もちろん珍しい名字だとしても、不特定多数の人間が購入できる安い銀行印は変わらず偽造のリスクが高いので、できる限りこのような銀行印を購入するのは避けましょう

上記のことから、銀行印は自分の財産を守る為に非常に大切な物であるということをお分かりいただけたのではないでしょうか。銀行印を作成する際には少し高くても、オリジナルの印影のものや複雑な文字になっているものを作成した方が良いですし、せっかく作った印鑑もすぐに破損などしてしまうと使い物にならなくなってしまいますので、丈夫な素材を使った銀行印を作るようにして下さい。


関連記事

未分類

銀行印のサイズ

By on 2018年5月12日

これから自分自身の銀行印を作ろうとしている方は、銀行印のサイズをご存知でしょうか。銀行印については、意外と知っているようで知らないことも多いので、今回は銀行印を購入する前にまず印鑑作成で大事なサイズについて知り、それから実際に購入するようにしましょう。

印鑑印鑑には、認印や実印など銀行印以外の印鑑がありますが、銀行印の一般的なサイズ10~11mmといわれています。あくまでもこのサイズは一般的なサイズなので、このサイズ内に留めなくても構いません。男性では13.5mm~15mm、女性では12mm~15mmが人気となっています。サイズを選ぶ際にはこれらの基準を参考にするとよいでしょう。

そして、上記で説明したサイズには少しサイズの幅があります。実際にはどのサイズが多いのか、気になるところでしょう。男性で考えると15mmが一番人気で、割合的には半数程度の方がこの15mmで銀行印を作っています。女性も男性同様に15mmが一番人気で、やはり半数程度の人がこの15mmを選んでいます。ただ、女性の場合は手が男性よりも小さいということもあり、使用感の問題で15mmよりも小さくする人が少なくありません。このように、一般的な銀行印サイズは知っておくのがおすすめです。


関連記事

未分類

銀行印を通販で購入するメリットは?

By on 2018年5月8日

大人の方なら、1人1個は所有しているとされているのが印鑑です。この印鑑にも色々な種類があり、その中でも使用する機会が多いのが銀行印ですが、みなさんは銀行印をどのようにしてどこで購入しているでしょうか。従来でははんこ屋さんに行って作ることが多く、スタンダードな考え方となっていましたが、ネット社会が常識になった昨今、インターネットを通じて通販という形で印鑑を作っている会社がたくさんあります。今回はそんな通販を利用して銀行印を作るにはどうすれば良いか、という点にフォーカスを当ててみたいと思います。

通販まず、銀行印を通販で作るメリットですが、何と言っても値段の安さが挙げられます。これは通販ならではの話になりますが、通販を行っている業者は実店舗を持っていることが少ないという最大の特徴があるので、その分人件費が全くかからず、商品の価格に反映することができます。銀行印の種類にもよりますが、安いものであれば数千円で良い質の銀行印が作れます。もちろん銀行印だけではなく、実印などでも同じようなことが言えます。

また、銀行印は実印などとは違って、登録するための基準がゆるく、普通の印影ではなく絵柄なども依頼すれば作ってくれますので、自分だけのオリジナル銀行印を作ることができます。

そして、通販で銀行印を作るのであれば、1歩も外に出ることなく自分の銀行印が作れるというメリットもありますので、外に出るのが嫌な人にとってはこの点も大きなメリットとなるでしょう。いずれにしても、今の時代であれば銀行印は通販で購入する方がより安く、より簡単に作れるということが言えます。


関連記事